中国茶

このサイトでは、赤坂のおすすめカフェを紹介しています。

カフェ

カフェ レシピ

お茶

 

中国茶の分類

緑茶

(不発酵茶)
不発酵茶とは、摘み取った茶葉を一旦加熱して酸化を止めたお茶のことです。日本茶は蒸すことによって加熱するのに対して、中国緑茶は、炒ることで加熱し、酸化発酵を抑える。

青茶

(半発酵茶)
人為的に酸化発酵を促し、期を見て火入れをして発酵を止める。銘柄によって発酵の度合いも違ってくる。烏龍茶、鉄観音、岩茶、黄金桂、包種茶など。

紅茶

(完全発酵茶)
半発酵の青茶と違い、茶葉を最後まで発酵させてしまう。中国にもキーマン紅茶がある。

黒茶

(後発酵茶)
酸化による発酵を止めた後、水分の残ったままの茶葉を堆積し、高温多湿の場所で放置する。堆積中に空気中の細菌(黒麹菌)等が茶葉に付着し、細菌による発酵が起こり、茶葉が黒くなる。

花茶

ハーブティのように花そのものを茶葉として使用するものと、緑茶などの茶葉に香りを移したものがある。

薬茶

(健康茶)
漢方などで、効能がある程度知られている樹の葉や草花を、煮出したり、煎じたりして、茶として飲むもの。
参考:中国茶の種類


中国茶の正しい淹れ方
  1. 急須・茶海をあたためる。
  2. 茶葉を入れる。(底が隠れるくらい)
  3. 沸騰したお湯を使う。(95度〜100度)
  4. お湯は高い位置から注ぐ。急須から溢れる程度。
  5. 蓋を閉めて、上からお湯を注ぐ。
  6. 1分〜2分蒸す。2煎目(2分)、3煎目(3分)は長く蒸す。
  7. 茶杯(聞香杯・飲用杯)をあたためる。
  8. 茶湯は低めに、最後の一滴まで茶海に注ぐ。
  9. 茶海から聞香杯に注ぐ。
  10. 聞香杯から飲用杯に移す。
  11. 聞香杯の香りをかぐ。
  12. 3、4回に分けて飲む。
★必ず沸騰したお湯を高い位置から注ぎましょう!
水圧で葉が開き、成分が外に出やすくなります。
★必ず急須にお湯をかけましょう!
急須の中と外の温度が均一になり、最適の蒸らし温度が保たれる。

 

中国茶のおいしいカフェやレストランを見つけたい方はコチラへ!

ぐるなびレストランカテゴリはカフェ・スイーツが検索できてさらに細かい料理やエリア、キーワードで絞り込むこともできます!お得なクーポンもあります。
カフェ・スイーツ
カフェ
甘味処
デザート・ケーキバイキング


 

 

 


Copyright (c) 2002 ca-fe.net All rights reserved.